職場復帰はクリニック・キャリアアップは病院

看護師が働く場所は最近では病院だけに限らず、一般企業やイベント会場、老人ホームや幼稚園など多岐にわたります。それぞれ働くにはメリットデメリットがありますが、結婚や出産などで一度看護師をリタイアした人が復帰するに向いている職場というと、個人医院であるクリニックがいいと思います。
個人的に復帰にオススメなのは透析で、看護師の上位である認定看護師の資格を取得することができます。慣れるまでは大変ですが、それまでしっかりとしたフォローをしてくれる病院が多いです。

医療は日々進化しており、常識も変わっていきます。そのため一度現場を離れると自分が持っている知識や常識は古いものになり、間違ったものになっていることもあります。採血などもブランクがあると不安があります。そのため復帰したくても急性期の病院などでは難しいという場合があります。ですので、そういう人は体や感覚を慣らすためにもまずはクリニックや療養型病院などに転職してから、というパターンが多いです。

クリニックは比較的軽度な症状の人が来るのでそれほど難しい処置もなく、基本的なことが出来ていれば大丈夫です。療養型病院も、急性期を過ぎて症状が安定している患者が長期入院するところですから基本的な処置と、あとは患者と長い時間向き合うという精神的なケア、看護が求められる場所です。どちらも緊急性に欠けるので気持ちにもゆとりを持つことが出来ると思います。しかし、将来的に看護師としてキャリアを積みたいと考える人は、ずっとクリニックや療養型病院で勤務することは避けたほうがいいと思います。やはり最新医療に触れることが出来るのは大学病院や現場で看護師が出来る幅が広くある総合病院などですので、自身のキャリアを描いてそれを叶えられる道筋をしっかりたて、転職先も考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>