看護学生とともにケアを行う

看護師を夢見る人にとって、看護学生として現場で行われる実習ほど楽しみにして、緊張して、しんどいと思うものはありません。私も当然そうでした。何がしんどいかと言えば、やはり現場での厳しさです。担当看護師の厳しさは、人にもよりけりなのですが、こちらは学生であっても実際に触れ合う患者さんたちは、今まさに治療の最中です。そうした命の現場を肌で感じる時の緊張感は、今後の人生でそう経験するものではありません。

当然担当看護師さんの学生に対する接し方も厳しくならざるを得ません。なぜなら、今そこにいる患者さんは、練習台ではなく、今まさに治療を必要としている人たちだから。
経験がほぼゼロの看護学生にとって、患者さんの機微を察するというのは想像以上に労力を使います。上司の顔色を伺うなんてかわいいレベルのものでは無いのです。
私も今は、いみじくも看護師として働いているわけですから、当然ながら看護実習を経験しています。楽しいものでもありました。辛いものでもありました。特に、手術の前後のケアの実習は、実にはなりましたが辛い思い出の1つでもあります。経験をたくさん踏んで、今の看護師としての私があるのです。ですから、これから看護師になろうという人のためにも、私の経験を少しでも分けてあげることができればと思い、先輩面して(笑)看護実習に入るのです。

よその病院での実習は良く知らないので何とも言えませんが、うちの病院での実習は、看護師1人につき、実習生が1人つきます。逆の方が表現としては正しいかな?ともかく、これでおわかりと思いますが、私についた実習生は、私が担当している患者さん全てのお世話をすることになるのです。全ての看護師に学生がつくというわけではなく、私のような比較的容体の安定している患者さんを担当している看護師に、学生がつくという形になります。

実習の終了は日勤の終了時間になります。その後は、病棟の医師と看護師長、そして学生全員でカンファレンスを行います。これには私は参加しないのですが、学生の実習での様子は事前に看護師長に申し送りをしておきます。実習生と触れ合うことによって、自分が忘れていた大切な部分を思い出させてもらえることもしばしば。看護実習で学ぶのは、実習生だけでなく案外担当看護師の方も一緒なのかもしれませんね。

この子たちが今後、どのような看護師になるのか。どのような成長をするのか。病院側にとってでなく患者さんにとって「良い看護師」になってもらいたいものです。その前に、私がそうならなきゃ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です